面倒なタグ管理にかかる作業時間と手間を大幅に削減!たった1つのタグで全てのトラッキングタグを管理することのできるYahoo!タグマネージャーをご紹介!

面倒なタグ管理にかかる作業時間と手間を大幅に削減!たった1つのタグで全てのトラッキングタグを管理することのできるYahoo!タグマネージャーをご紹介!

様々な媒体や最新機能など日々進化を続けるWeb広告ですが、それらの成果を分析する上で欠かせないのが効果計測用のタグです。

しかし、使用媒体が増えるごとにタグを発行、設置といった手間や、設定を変えるたびにタグの張替えを行わなければいけないものもあるため、気づけば「このタグは何のタグだったっけ?」「そもそも、まだ必要なタグ?」なんて経験もあるのではないでしょうか?

上記のようになってしまうことで最悪の場合、必要なタグが抜けていてデータを計測できないなんてことにもなりかねません。

そこで、今回は面倒なタグの設置や管理の手間を大幅に削減することのできるYahoo!タグマネージャーをご紹介します。Yahoo!タグマネージャーを使用すると、たった1つのタグを設置するだけで全てのタグを一括管理出来るようになりますのでまだ使用していないという方は是非この機会に使ってみてくださいね。

 

Yahoo!タグマネージャーとは?

まず始めにYahoo!タグマネージャーについて解説していきます。Yahoo!タグマネージャーとは各ツールごとのタグを個別に設置することなく、「Yahoo! JAPANユニバーサルタグ」と呼ばれる共通のタグを1つだけウェブページに埋め込み、これまでウェブページに埋め込んでいた複数のタグをYahoo!タグマネージャーに登録し、専用の管理画面でタグの管理を行います。

新しいタグの追加や不要なタグの削除も、全て管理画面の操作で設定が完了させることができます。今までウェブサイトの管理者や、外部に作業を依頼しなくてはならなかったHTMLソースの書き換えが不要となり、簡単かつスピーディーにタグを展開できるようになります。

下記は実際の管理画面の画像になりますが、ご覧のとおり様々な媒体の計測タグを任意で名前を付け、まとめて管理することができます。

00037-1

Yahoo!タグマネージャーを使用する前は、媒体や設定ごとに個別にタグを管理し、必要に応じて各ページの修正が発生して工数がかかっていました。更にタグが増えることでページの読み込み速度に影響を及ぼすこともあります。

しかし、Yahoo!タグマネージャーのユニバーサルタグを設置することで、それ以降はページごとのタグの修正が不要になり、Yahoo!タグマネージャーの管理画面でタグの追加や削除ができます。

読み込むタグも一つだけなのでウェブページの表示速度が低下することもありませんし、タグの管理状況を確認したり、タグの設置ミスなどがなくなるのがYahoo!タグマネージャーのメリットです。

他にもYahoo!タグマネージャーを使用することで下記のようなメリットもあります。

無料で利用可能

Yahoo!プロモーション広告をご利用中の方は、原則無料でYahoo!タグマネージャーを利用できます。

動作検証済みのタグが豊富

国内外の主要事業者100社のタグがあらかじめ登録されており、動作検証済みのタグが豊富です。そのため、タグの追加が安心して行えます。また、タグが登録されていない場合でも管理画面で利用者が簡単に追加でき手間がかかりません。

リアルタイムの設定反映とエラー検知

設定の変更がリアルタイムで反映されるので、施策をすばやく実施できます。タグの動作レポートやエラー検知もリアルタイムで処理され精度の高いタグの運用ができます。

データやイベントの収集、タグ実行条件の設定が柔軟

インターネットユーザーがウェブページ上で行う「クリック」「マウスオーバー」「ボタンを押す」といった操作を把握でき、更にそれらをタグの動作条件として設定できます。

そのため、単に「ページを読み込んだとき」だけではなく、「ある画像にマウスカーソルを合わせた時にタグを動作させる」といった特殊な条件も設定できます。インターネットユーザーの細かい行動をタグ動作の条件にすることにより、より正確で細かい行動分析や効果測定が可能です。

このようにYahoo!タグマネージャーは多く利用メリットがあることがおわかり頂けたかと思います。

 

Yahoo!タグマネージャーの使用方法

では実際にYahoo!タグマネージャーを使用ために必要な作業手順について解説していきます。まず始めにYahoo!タグマネージャーを使用するには以下の5つの手順が必要となります。

Yahoo!タグマネージャーをはじめる5つの手順
ステップ1 初期設定を行う
ステップ1 利用規約に同意する
ステップ3 Yahoo! JAPANユニバーサルタグを全ページに設置する
ステップ4 タグを有効にするページの設定をする
ステップ5 利用するタグの設定をする

まず始めにアカウント管理画面から運用サポートツールへ進み、Yahoo!タグマネージャーを選択すると、利用規約が表示されるので同意します。そしてその後に対象となるサイトの登録を行います。

00037-3

登録が完了したらユニバーサルタグが発行されるので、タグをコピーしてサイト内全てのページの〈/body〉上部にタグを設置すれば基本設定は完了です。

あとは、管理画面上でタグを有効にするページ登録を行い、それぞれに使用するタグを登録すれば使用可能となります。

00037-4

枠内の「表示」をクリックするとタグが表示されるので、そのタグをコピーしサイト内全てのページにタグを設置すれば準備完了。

 

タグを使用するページの登録

Yahoo!タグマネージャーの初期設定が終わったら、タグを使用するページを登録していきます。ページを登録する際はYahoo!タグマネージャー管理画面上部にある「ページ管理」から「追加」を選択し登録していきます。

00037-5

次の画面で使用するページ名と使用するURLパターンを入力していきます。その際ページ名には何のタグに使用するものなのかといった形で名前を付けておくと、より管理しやすくなります。

00037-6

ここで覚えておきたいのがURLパターンを入力する際に便利な記号です。

URLの末尾にアスタリスク(*)を使用することでサイト内の複数の階層をまとめて有効にすることが可能になります。そしてアスタリスク1つの場合は入力したURLの1つ下の階層まで、2つの場合は入力したURL以降の階層全てというような指定を行うことができます。

この入力方法は例えばリマーケティング配信やGoogle Analyticsなどのように全てのページでタグを有効にする必要がある場合に使用し、その場合はトップドメインを入力し、末尾に**としておくことでトップドメイン以降全ての階層が対象とすることができます。
(弊社の場合は、http://ppc-master.jp/**このように登録する。)

こうすることで1つ1つのページを登録する手間が省けるので必ず覚えておいてくださいね。

 

サービスタグの設定

ページの登録が終わったら次にサービスタグを登録していきます。

00037-7

サービスタグを登録する際は「サービスタグ管理」→「サービスタグを追加」を選択し次の画面で使用するタグを登録していきます。

サービスタグを登録する際は検索窓にサービス名か提供元の会社名を入力することで、Yahoo!タグマネージャーにあらかじめ登録されているサービスから絞り込みを行うことができます。一覧から選択したものに関してはそれぞれ入力項目が変わってくるので、必要事項を入力していきます。

下記はGoogleAdWordsのコンバージョンを指定したものですが、サービス名にはページ登録時同様に何のタグなのかわかるように名前を付けておきましょう。

以降の入力項目はGoogleAdWordsにて発行したコンバージョンタグに記載されているものを入力していきます。

00037-8

入力項目は媒体ごとに発行したタグに記載されているものを入力していく。

サービスタグの作成が完了したら、次のページでタグを有効にするページの割り当てを行っていきます。

サービスタグの登録後は使用するページを割り当てる。

サービスタグの登録後は使用するページを割り当てる。

これらの設定が終わったら次の画面で、タグの状況をプレビューから有効にしてあげることで、そのタグが計測可能となります。

00037-10

また、タグの登録の際に一覧から見つからない時などは、サービスタグ一覧ページの最下部にある「スマートカスタムタグの追加」を選択することで発行したタグをそのまま貼り付け登録することもできるので覚えておいてくださいね。

00037-11

いかがでしたでしょうか?

本章では面倒なタグ管理に役立つYahoo!タグマネージャーについて解説してきました。Yahoo!タグマネージャーは、このように管理画面も非常にわかりやすく、タグの登録も非常に簡単です。

なにより最初にユニバーサルタグを設置しておくことで、あとは管理画面からタグを追加したり、必要なくなったタグを削除したりすることができ、設置や管理にかかる時間を大幅に削減可能になります。

今後も広告媒体はどんどんと増えてくるかと思いますので、あなたもこの機会に是非Yahoo!タグマネージャーの導入を検討してみてくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする