【アフィリエイト広告編】“売れる検索キーワード”からの集客を独占するための、5つのステップ

「アフィリエイトからの新規獲得が、伸び悩んでいる・・」
「CPAが固定なのは良いけど、獲得件数をなかなか増やせない」

ネット通販企業であれば、ほとんどが導入していると言われるアフィリエイト広告ですが、十分に活用していると言い切れる会社は多くないかもしれません。

このeブックは、a-works株式会社の代表取締役 野山大彰氏が「eコマース戦略会議」有料会員向けニュースレターへ連載した記事を、一部抜粋・編集して公開しています。

アフィリエイト広告の運用を得意とする同社は、野山氏自身がアフィリエイター出身で起業したという経歴もあって、有力メディアと深いつながりを持ち、化粧品や健康食品など単品リピート通販会社を中心に、以下のような実績を残してきました。

・施策から3ヶ月で獲得件数(直接CV)188%アップ
(ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド(株)decencia 様)
・開始前後で、月間500万円は売上アップ
(カラーコンタクトレンズ 通販売上実績日本一(株)ネットランドジャパン 様)
・直後二ヶ月で、獲得件数 173%アップ
(オーガニック化粧品販売
 えそらフォレスト(株)様)

「アフィリエイトからの集客は、正しい考え方のもとで徹底的に施策を打てば、もっと伸ばすことができるはず」

このように語る野山氏から、「CPAを抑えながら、獲得件数を伸ばす」ための考え方、そして実践するための5つのステップをお伝えしていきます。

 

目次

・なぜ、SEO媒体の広告掲載枠を各社が争っているのか?
・ステップ1:検索エンジンの掲載面を“占有”できる、訴求軸をつくる
・ステップ2:検索キーワードごとにLPを量産する
・ステップ3:良いお客さんを連れてきてくれる媒体を“スカウト”する
・ステップ4:“売れそうな匂い”を演出して、メディアを惹きつける
・ステップ5:競合との“リプレイス合戦”から、掲載枠を守る
・アフィリエイト集客の成功を、長続きさせるために

 
※eブックの閲覧には「eコマース戦略会議」無料メルマガ会員へのご登録が必要です。
※既に会員登録済みの方は、メールマガジンにてダウンロードURLをお届け致します。
TwitterfacebookページGoogle+にて新着情報を配信中!

この記事のタイトルとURLをコピーする